満員電車

満員電車のストレスは思った以上に高い

こんにちは、けいちゃんです。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

私は毎日電車通勤なのですが、朝の電車はめちゃめちゃ混雑していますよね?
夏場になると電車のエアコンだけでは全然ダメですね。
ホント車内も暑くなり嫌になるもんです。

 

それに加えてマナーの悪い人たちもそうなんですが、
最近一番迷惑だなぁと感じているのは

 

ドア付近に留まって奥に行かない奴!!

 

奥に行ってくれれば、もっとスペースができるじゃん!
って思うんですけど、何故かそういう人ってドア付近で留まってるんですよね。
それで私も奥に行けず、ドア付近だけギュウギュウ状態で悪循環状態です。

 

満員電車に乗る、それだけで朝の出勤が
億劫になっている人も絶対いると思います。
それぐらい満員電車のストレスは凄まじいものがある!!
そんな気がします。

 

日本は思った以上に電車を利用している国だった

日本に住んでると絶対気づかないですよね。
世界の電車事情なんて知ったこっちゃないですもん。

 

今回満員電車についてブログを書いているので
少し調べてみました。

 

世界での駅乗降車数ランキングというものがあるのですが、
駅ごとにどれだけの人が乗り降りしているか、というランキングですね。

 

なんと1位~10位を日本が独占しています。

 

1位は東京都・新宿駅。
2位以下も東京の主要な駅がならびます。渋谷、品川、高田馬場等
たまに大阪府、愛知県、神奈川県の駅がぽつぽつと。

 

日本でのランキングではなく、世界ですよ世界。
そりゃ満員電車が日常茶飯事に起こるわけだ。

 

国土交通省が提示している、電車の混雑率の目安というものもあるので
ちょっと紹介します。

★混雑率100%
座席に座るか、吊革につかまるか、ドア付近の手すりにつかまれる。

★混雑率150%
新聞を楽に広げて読むころができる

★混雑率180%
折りたたむなど無理をすれば新聞を読める

★混雑率200%
体がふれあって相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める

★混雑率250%
電車が揺れる度に体が斜めになって身動きができず、手も動かせない。

 

日本の通勤ラッシュ時間帯では平均混雑率が164%ぐらいなのだそう。
東京の路線では、一番混雑する時間帯では
混雑率が200%にまで跳ね上がるそうです。

 

上の目安に当てはめると、相当圧迫感があるが、週刊誌が読める?とあります。
私は混雑時に週刊誌を広げて読む気にはなりませんけど。
絶対中身が頭に入ってこないじゃないですか~笑

 

日本と電車は切っても切り離せない

ここまで、満員電車へのストレスについて
散々なことを言いました。だって、ストレスなのはマジですもん。
ただ日本の電車は世界的に優れているところもあるんです。

 

世界で一番、時刻に正確であること。

 

これは胸を張って誇りに思ってもいいんじゃないですか?
世界的にも驚かれているそうですよ。
日本に来た外国人が口を揃えて「ダイヤが正確すぎる」と言うそうです。

 

確かに日本では1分2分遅れただけで
遅延だの、なんだのとなりますよね。
私達も遅いなぁと感じてしまいます。
もはや、お国柄なのでしょう。

 

 

ただ世界に目を向けると、それはもはや異常なんですよね。
電車が来ることが当たり前、ダイヤ通りも当たり前。
日本が改めて恵まれている環境であることを再確認できた気がします。

 

 

さて、明日からも満員電車に乗って出勤しますかね。

 

RECOMMEND~こちらの記事もオススメです~