今年もこの季節がやってきてしまいました。
そう、花粉症の季節です。
私も長年苦しめられている一人ですが、
年々症状はひどくなっている気がします。

 

根本的な対策、とまではいかないものの、
どうにかして症状を和らげることはできないものか?
今まではあまり深く考えてこなかったので
今年こそは対策をしっかりとしていきたいと思います。

今年の花粉飛散量は?多くても少なくても症状は出る

花粉

毎年毎年、
「今年の花粉症は例年に比べて、多い OR 少ない」といった話が
天気予報コーナーでも言われていますね。今年2018年はどうでしょう?

 

日本気象協会 tenki.jpでは、
2018年春の花粉飛散予測は1017年春の飛散量を上回る見込みを発表してます。
「非常に多い」飛散量の都道府県もあって・・・こりゃ大変だ。
同じページに飛散し始める時期なども記載されているので要チェックです。

 

でもですね、私の経験談からすると
例年と比較して少なかった年は花粉症の症状が出なかったかというと
そうではありません。くしゃみは止まらないし鼻水も止まらないし。
それは毎年の恒例行事になっています。

 

全国を通して本格的に花粉が飛散し始めるのは2月上旬からですけど
少しずつ飛び始めるのは1月下旬と捉えた方がいいですね。
花粉症対策は年始から始めるのが得策でしょう。

花粉症に効く食べ物まとめ。これをどんどん食べよう

Sponsored Link

病気にはそれぞれこの食べ物がいいよ、というのはやっぱりあって
花粉症にも効果がある食べ物がけっこうあるそうです。
私は全然こういう所に無頓着だったので、今回調べてみました。

 

1:レンコン:ポリフェノールの1種「カテキン」を含む

2:わさび:花粉のアレルギー成分を別成分へ変えるはたらきを持つ

3:バナナ:食べ続けるとくしゃみが軽減されるとか

4:玉ねぎ:ポリフェノールの1種「ケルセチン」を含む

5:ヨーグルト:花粉症の原因物質の活動を抑制する作用がある

6:甜茶(てんちゃ):ポリフェノールの1種エラジタンニンが花粉症の症状を抑える。

 

ポリフェノールが結構キーポイントなのでしょうか?
また、ビタミンB郡やビタミンDを多く含む食べ物も効果があるため
緑黄色野菜や青魚なんかも効果あり、とのことです。

 

ただ、1日食べれば大丈夫!ってわけではなく
少しずつでも良いので食べ続ける、飲み続けることが重要です。
ですのでやっぱり年始から少しずつ摂取していって
花粉症に強い体作りをする意識が重要でしょう。

自分でできる民間療法や予防策は?少し気をつけるだけで全然違うかも?

花粉症 マスク

薬に頼るのはちょっと・・・という人も少なくない花粉症ですが、
自分たちでできることはないでしょうか?
私はマスクぐらいしかしてませんが、結構自分たちでやれることあるそうですよ。

生活習慣で予防

1:外出時はマスク、メガネ、帽子をつける:当たり前ですね。

2:帰宅時は玄関で払い落とす:家の中に花粉を入れない努力

3:帰宅後はすぐに手洗い・うがいに加えて洗顔:洗顔は見落としがち

4:布団は外に干さない:どうしても干すときは午前中に(飛散量が少ない)

 

NGな習慣

1:不規則な生活:こちらも当たり前ですね。

2:アルコール・喫煙:これも控えましょう

3:運動不足:外に出づらいため、屋内で運動できたらgood!

 

どうでしょう?
私はマスクだけでしたけど、花粉症用のメガネなども検討しようと思いました。
あとは手洗い・うがい・洗顔の3セットを徹底する。
自分でできそうなところから始めていきます。
皆さんも花粉症対策をバッチリしていただいて、
今年の春を乗り切ってくださいね。