murakami_nijirou_2

多部未華子さんが主演を務めるドラマ、
TBS系列の「私の家政婦ナギサさん」が大ヒットしましたね。

 

このドラマは2020年の中でも高視聴率を取り、
ネット上では「ナギサロス」が起こるほどです。

 

主演を務めた多部未華子さんの株もうなぎのぼりで、
CMやドラマのオファーも増える見込みとのこと。

 

そんな中、NHKで放送予定だったドラマ、
「これでは経費で落ちません!」の続編を、
急遽降板されたそうです。

 

その理由には色々と噂されていますが、
どうやら俳優の村上虹郎さんとの間で、
ひと悶着あったのがトラウマになっているようで・・・。

 

早速見ていきましょう。

村上虹郎さんのプロフィール

murakami_nijirou_2

名前:村上 虹郎(むらかみ にじろう)さん

生年月日:1997年3月17日

出身地:東京都

職業:俳優

所属事務所:ディケイド

家族構成:父、母 ※両親は離婚済み

父は俳優の村上淳。

 

2006年、両親が離婚されたあとは、
母親側に引き取られます。
神奈川県にあるシュタイナー学園の初等部、中等部を卒業すると、
母親とともに沖縄県へ移住。

 

高校は、カナダのモントリオールへ留学するなど、
かなり国際的な教育を受けることになります。

 

俳優になったきっかけは公表されていませんが、
父親が俳優の村上淳さんだけあって、
血は争えなかったのだと思います。

 

2014年、映画「2つ目の窓」で主演を務めると、
2015年には連続ドラマ「天使のナイフ」に初出演。

 

現在では、数々の作品に出演しており、
映画、ドラマを中心に活躍されています。

村上虹郎さんが多部未華子さんにセクハラ?

Sponsored Link

tabemikako_2

多部未華子さんがNHKのドラマを降板

突然ですが女優の多部未華子さんが、
2021年にNHKで放送予定だったドラマ、
「これでは経費で落ちません!」の続編を、
急遽降板されて大事になっています。されたそうです。

 

その理由には色々と噂されていますが、
作品の世界観を変えるを拒み、
前回と同じキャストを多部未華子さんが要望。

 

ですが、スケジュールの関係で
一部の俳優さんが折り合いがつかず
キャストを変えることになったのだそう。

 

それに多部未華子さんサイドが疑問を抱き、
台本を確認した後に降板を決めたようです。

村上虹郎さんからのセクハラがトラウマか?

2016年に話はさかのぼりますが、
多部さんと村上さんはドラマ「仰げば尊し」で
共演されています。

 

そのとき村上さんから多部さんに
セクハラのようなことがあったらしく、
それが多部さんのトラウマになっているかも、とのこと。

 

村上さんが行った行動ですが、
わかっているだけでも以下の通り。

・劇中で吹くトランペットを使ってスカートをめくる

・スカートの中にトランペットをいれて下半身に当てる

・女優さんの髪の毛を気安く触る

 

これには多部さんも嫌悪感を抱いたことでしょうね。
村上さんにとっては軽いスキンシップだったかもしれませんが。

 

結局、コトは大事になり、
被害にあった女優さんたちの事務所が、
TBSや村上さんの事務所に苦情を入れるまでに発展。

 

その後、TBSと村上さん所属事務所は、
多部さんを含む女優さん側の事務所に謝罪。

村上さん本人には、
所属事務所からこっぴどく注意を受けたとのことです。

 

多部さんはこのことが結構トラウマになっており、
現在でもドラマや映画の出演者に気を揉んでいるほどです。

多部未華子側から共演NGも?

tabemikako_1

先程挙げたとおり、
村上さんのセクハラに近い行動によって、
多部さんは自身と共演する俳優さんを
かなりチェックするようになっています。

 

特に”若い俳優さん”に対する目は厳しく、
極力共演を避けているとのことです。
それほどトラウマに近い状態なのでしょう。

 

今回、ドラマ「これでは経費で落ちません!」も、
折り合いがつかなかったキャストの代わりが、
多部さんと共演したことのない若い俳優さんだったのでは?
言われています。

 

これほどまでに、
現在の仕事に影響が出ているとなると、
そのトラウマの要因を作った村上さんは
すでに多部さんとは共演NGとなっていることでしょう。

 

まぁ、村上さんが多部さんに行った行動を考えると、
共演NGも致し方ないというのが関係者の判断です。

 

テレビ局や企業側からすればとてもいい迷惑ですが、
多部さんは良い女優さんなので、
ドラマや映画、CMへオファーするときは、
これからも相当注意を払ってキャスティングしないといけないでしょう。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたか?

 

セクハラ、って
された側にとっては
やはりトラウマみたいな負の遺産を
残してしまうものです。

 

それが仕事に影響したりすると、
とてもじゃないですが目も当てられませんね。

 

その要因を作ったであろう村上さんには、
心を改めていただく必要があるでしょう。

一方、
多部さんにはそういったセクハラに負けず、
今後も様々な作品で活躍してほしいですね。