ものすごく危ない

こんにちは、けいちゃんです。
今回は、かなり危ない目&ものすごく不愉快な目にあったので
ブログにて紹介したいと思います。

 

皆さん、スマートホンは持ってますよね?
ほとんどの方がスマホになってるかと。
ちなみに私はガラケーも持ってますけど笑

(関連記事↓)
http://keychan-fly.com/archives/132

 

まぁスマホでもガラケーでも何でもいいんですけど・・・

 

歩きながらスマホ(ガラケー)を触ってんじゃねぇ!!!!!

 

これに尽きる。何なんだ、一体。
彼らは周りのことを一切考えていないのか?
ものすごく迷惑。

 

危うく交通事故で私が犯罪者に

週末は車で出かけることもあるんですが、
先週末は、今までで一番肝を冷やしました。

 

夜道で!全身黒の服装で!ライトもつけず!スマホを見ながら!
こちらに向かって走ってくる自転車!!!!!!

 

幸いなことに、すぐに止まれるようなスピードで走っていたので
車を完全に止めて自転車をやりすごそうとしたんですよ。
対向車、後続車ともにいなかったので。

 

そしたら、自転車に乗っている男性はずぅぅぅーーーーーっと、
スマホを見るためにうつむいてる。
そしてこちらにお構いなしに向ってくる。

 

マジで!!!!

 

運転席で叫んじゃいました。

 

いくらこちらが完全停車とはいえ自転車と自動車の事故。
立場上弱いのは自動車です。
車にぶつかられたりしたら、大事になりかねない。
私のほうが悪い、という事にもなりうる。

 

こちらとしても我慢の限界だったので、クラクションを鳴らしました。
プップーと。

 

そしたら、男性はようやく頭を上げて
私の自動車の存在に気づきました。
そして私と目が合ったんですが、悪びれる様子もなかった。
それが当たり前かのように。

 

私の中では、ものすごい不愉快な気持ちになったのですが
何はともあれ、事故なし。
これでいいんだと言い聞かせて、車を発進させようとしたら、

 

運転席をコンコンっ

 

窓を見ると、さっきの自転車の男性。
え?何?お互いぶつかってもないじゃん。

 

有り得ない言い分

事件は続いたんです。

 

その男性、何て言ったと思います?

 

男性「さっきのクラクションで、こっちはゲームに負けた。どうしてくれるんですか?」

 

もう、レベルが違うなと。もちろん、悪い意味で。
さすがに怒りを抑えることができず、色々言っちゃいましたね。

 

「そもそも、自転車に乗ってるのに何でスマホなんか見てんの?
クラクション鳴らさなかったら車にぶつかってたじゃん。」

 

男性「いや、でも当たってないじゃないですかぁ。
そちらは被害出てませんけど、こちらは被害でてるんですよ。」

 

「被害って、ゲームで負けたこと?」

 

男性「はい。課金して(お金を払って)るんで、弁償してください。」

 

この辺りから、かなり私は怒気を払って話し始めます。

 

「そんなものは知らない。
こちらとしても車にぶつかって来られたら迷惑だから、
クラクションを鳴らした。
ましてや、鳴らしてなかったらケガしていたのはそっちだぞ?」

 

男性「いや、だから、結果としてぶつかってないじゃないですか。」

 

「それはこっちがクラクションを鳴らしたからでしょ。
仮にクラクションを鳴らさなかったら、避けれたのか?
全く気付いてなかったようだったが?」

男性「でも、こちらとしては直接被害を被っているんですよ。」

 

私(我慢限界)「じゃあ、わかった。
私の車にはドライブレコーダーもついているし、
君がスマホを見ながら、私の車に向かってくる姿も記録している。」

 

私(我慢限界)「君が被害を受けた、お金を払え、というのなら、
今から警察に行って、どちらが悪いかケリをつけたらいい。」

 

男性「・・・。」

 

ここで、ちょうど目に見えるところに交番があったんです。

 

私(我慢限界)「あそこに交番がある。行くぞ!」

 

ブログでは丁寧な口調(?)ですが、
実際、私は方言交じりに怒鳴り散らしてます。
萎縮したのか、男性も渋々従います。

 

——―交番にて―――
私が、起こったこととドラレコのデータを提出。
男性は終始黙ってうつむいたまま。

 

ここまでくれば、事の顛末は察しが付きます。
警察の方にも、こっぴどく叱られる男性。
私は終始、当たり前だ、という態度で聞いてました。

 

今回、言い分があまりにも悪質だったので
自転車の道路交通法違反を適用される始末。
無灯火、ながらスマホ等による安全運転義務違反。
罰金だそうです。いい勉強代になっただろう。

 

その日は、気分を害されたので
ものすごく不愉快でした。
まさか、ながらスマホでこんなにも嫌なことが起きるとは。

 

皆さん、事故になってからじゃ、遅いですよ。
自転車を運転しながらのゲームプレイがいかに危ないか。
自分にとってもデメリットしかないことに早く気付いてほしい。

 

そうすれば、自転車も自動車も、
お互い安全な生活を保てるんですけどね。