8月になり夏も真っ只中ですね。
連日35℃を超える猛暑日が多く、本当に今年の夏は暑いです・・・。
皆さんも熱中症や体調不良には本当に気をつけてくださいね。

 

とは言っても、夏は楽しいイベントも多くある季節です。
そんな中8月11日は国民の祝日・山の日!
この祝日は日本で一番新しいこともあって、
あまり私達には浸透していないようにも思いますが、
この機会に祝日・山の日をチェックしていきましょう!

8月にもやっと祝日ができた!山の日はいつからできた?その由来は?

山の日

8月は学生たちは夏休み真っ只中なので、
あまり祝日が制定されても恩恵を感じないと思いますが、
社会人は違いますよね!社会人には1ヶ月単位で夏休みはなく、
祝日が増えることは日々仕事に勤しんでいる方々にとっては本当にありがたいものです。

 

今回取り上げた「山の日」は8月11日と日付まで指定されていますが、
そもそも始まったのは2016年から。
まだまだ新しい祝日となっています。
ちなみにその次に新しいのは海の日。
※海の日に関連のある記事はコチラ

 

それでは何故、「山の日」は制定されたのでしょうか?
もともと1995年に「海の日」が制定された際に、一部の国民からは「山の日」はないのか?
という声が挙がっていました。海、があって、山、がないのは疑問を感じると。
当然っちゃ当然ですね。
そこからは地方などで独自に山の日が設定されて各イベントも催されていましたが、
とうとう2016年に正式に国民の祝日として「山の日」が制定されることとなったのです。

 

今回、山の日は8月11日と日付が指定されていますが、元々は8月12日も候補にあったそうです。
しかし8月12日は日本航空123便墜落事故(日本史上最多の死傷者数を出した事故)が起こった日。
こういった悲惨な事故があって遺族の方々の気持ちを汲むと、
祝日に設定するのは不適切と判断されて8月12日を避ける形で8月11日に決定しました。

山の日って何すればいいの?

Sponsored Link

山の日

8月11日が正式に「山の日」となったのはわかりました。
それでは「山の日」に私達は一体何をすればよいのでしょうか?
山の日では「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日という内容で祝日が制定されています。
つまりは海の日やみどりの日と同様に、
自然に触れ、自然の恩恵に感謝しましょう、ということでしょう。

 

学生にとってはあまり恩恵を感じられないかもしれませんが、
社会人にとっては貴重な祝日。
山にちなんで、自然に触れながら日頃の仕事で溜まったストレスを発散するには
めちゃめちゃ良い機会ですよね。

 

また、8月は夏真っ只中で気温も暑いですから、
山や高原などの高地に足を運んで、避暑地でのバカンスとして活用してもいいですね。
本格的な登山から、温泉めぐり、川遊びやキャンプ、避暑地でのショッピングやグルメなど
海に負けず劣らず、山にも魅力はたくさんです。

山の日に催されれるイベントをチェック!

山の日

山の日にちなんで、全国各地では様々なイベントが催されているようです。
いくつか紹介しますのでぜひチェックしてみてくださいね。

TANZAWA 山モリ!フェス

開催日:2018年8月11日(土)~12日(日)

場所 :丹沢(神奈川県立秦野戸川公園)

URL:https://www.yamakei-online.com/yk/yamamori/

 

イベント概要:神奈川県丹沢山地で催されるイベントです。山の自然を存分に体感できる登山プログラム、
クライミングなどのアクティビティも豊富です。前回の来場者は1万5千人以上とあって、
非常に人気の高いイベントと言えるでしょう。

高尾山やまフェスTAKAO599祭

開催日;2018年8月11日(土)~13日(月)

場所:高尾山口駅前、高尾599ミュージアム

URL:https://hachi-navi.com/event_detail/309

 

イベント概要:東京都八王子にある高尾山の麓で開かれるイベントです。
どうやらこのイベントでは美大の教授などによる講演が開かるようで、
かなり文化的なイベントとなっているようです。テーマはデザイン、アウトドア、生き物など幅広く、
山の魅力を勉強するにはもってこいのイベントですね。
もちろんお子様と来場しても楽しめるネイチャークラフト体験や、
野外ライブもありどの世代の方でも楽しむことができます。

立山。山の日ウィーク

開催日:2018年8月8日(水)~13日(月)

場所:富山県 室堂ターミナル屋上

URL:https://www.alpen-route.com/yamanohi2018/

イベント概要:山の日ウィークとして6日間も開催してもらえる大規模なイベントです。
標高3003mの立山山頂ウォークやスタンプラリー、グルメでは地ビールや郷土料理の販売も行っています。
伝統芸能である踊りや太鼓の演奏の鑑賞もでき、幅広い内容となっています。
富山のご当地ゆるキャラも複数集結するので小さいお子様も楽しめますね!

まとめ

いかがでしょうか?
夏は暑くて外に出るのが億劫になる季節ですが、
少し頑張って外に出れば、楽しいイベントはどこかで何かしら催されています。

 

ぜひ、日本で一番新しい祝日「山の日」を存分に楽しんでくださいね。