えらいことになっていますね。皆さんすでにご存知でしょうけど。
人気アイドルグループTOKIOのメンバー・山口達也さんが
強制わいせつの容疑で女子高校生に手を出した事件。

 

連日情報番組を賑わせていますが、
他のTOKIOのメンバーの謝罪会見は見ていられないほど
悲しい会見でした。
今後TOKIOはどうなってしまうのか、注目ですね。

山口達也さんが犯した罪。強制わいせつを改めて整理


山口達也

プロフィール

 氏名:山口 達也(やまぐち たつや)さん

 生年月日:1972年1月10日

 出身地:埼玉県草加市

 職業:アイドル(司会者、ベーシスト、俳優、タレントなど)

 最終学歴:埼玉県立草加西高校

 備考:高校2年生のころにジャニーズJr入り。それまではロックバンドを組んでいた。

2018年強制わいせつ事件

この報道があったときは耳を疑いました。
いろんな番組やCMで見ない日はなかったほどの
人気アイドルグループ・TOKIOの山口達也さんが強制わいせつをしてしまうなんて。
詳細を追ってみましょう。

2018年2月12日 事件当日

山口達也さんはNHK番組「Rの法則」で共演し知り合った女子高校生を
東京都港区の自宅マンションに電話で呼び出してしまいます。
そこで無理やりキスを迫るなどのわいせつな行為をしてしまいました。

2018年4月25日 書類送検

この件に女子高校生の保護者が警察へ被害届を提出し、
山口達也さんは書類送検されることになります。

事件発生までの1ヵ月半の間、
山口達也さんは飲酒によって痛めた肝臓の治療のため、
入院しながら仕事を続けていました。
そして退院当日が2月12日だったのです。
焼酎を瓶で1本ほど飲んでいたらしく、
酔った状態で女子高校生に迫ったことになります。

2018年4月26日 山口達也さん 単独で緊急謝罪会見

山口達也さんが単独で緊急記者会見を開きました。
バッシングや厳しい質問が飛び交う、なんとも残念な会見でした。
中でも会見終盤に発言した、
「自分の席がそこにあるのなら、TOKIOに戻りたい」という発言が、
自分自身の犯した過ちに対する認識が甘いと、
強い非難を浴びる結果になってしまいました。

2018年5月2日 TOKIOの4人 緊急謝罪会見

5月1日に山口達也さんへの被害届を
女子高校生の保護者が取り下げたことを受け、
山口達也さんは不起訴処分となりました。

 

このことを受け、TOKIOの他メンバーは緊急記者会見を実施。
山口達也さんがしてしまった過ちに厳しい意見をぶつけるなど、
メンバーそれぞれの思いがこもった会見になりました。
TOKIOの今後の活動にも言及し、
解散はしませんが当分4人で活動していくこと、音楽活動は白紙になったことなど
とても悲しい記者会見となりました。

 

わたしがこの一連の報道を見ていて感じたことは、
なぜジャニーズ事務所の社長や幹部が表に出てこないのかということ。
普通の会社では社長クラスが謝罪会見に臨むべき案件にも関わらず。
社長であるジャニー喜多川さんが書面で報道関係に謝罪の意を述べるのみ。
まず事件直後の文章を引用してみます。

【報道関係各位 お酒を飲んで、被害者の方のお気持ちを考えずに
キスをしてしまいましたことを本当に申し訳なく思っております。
被害者の方には誠心誠意謝罪し、和解させていただきました。
2018年4月25日 ジャニーズ事務所】

うーん。何を言いたいんでしょうか。
”和解させていただきました。”で文が締めくくられているのが
何とも違和感を感じます。
今後の対応をどうしていくのかが、述べられていない。
次はTOKIOの4人が緊急記者会見を開いたときの文章です。

弊社所属グループTOKIOのメンバーである山口達也が起こしました事件により、
被害を受けられましたご本人様とそのご家族様、
ならびに今まで山口をご支援頂いておりましたファンの皆様、
関係各位の皆様には多大なるご迷惑とご心配をお掛けして参りました。
ここに改めて深くお詫(わ)びの念をお伝えさせて頂きます。

本日、山口達也に不起訴処分が下されましたが、
山口が起こしました事件の事実並びにことの重大さには変わりございません。

弊社としましては、ことの重大さを真摯(しんし)に受け止め、
全員がそれぞれの立場で信頼回復に全力を尽くす覚悟です。

TOKIOのメンバーもそれぞれが23年の時を重ねて今の場所に立っています。
彼らが、まず何をすべきか、これからをどうしていくか、彼らが考えて決めていくことを受けとめます。

私自身は全ての所属タレントの「親」としての責任を負いながら
今後も彼らが“ひと”として成長できますよう、支援し続けて参る所存でございます。

2018年5月1日

株式会社ジャニーズ事務所

代表取締役社長 ジャニー喜多川

いや、だから。
最後に”責任を負う”と述べるんだったら、
TOKIOの会見に社長自身が顔を出すべきなのでは?と。
ジャニーズ事務所は、どこか特殊な感じがありますが、
あくまでもたくさんある会社の内の1つでしかありません。
そこに特別扱いは必要ないと思っています。
社長の誠意を見せてほしいですね。

悪癖の兆候はあった?妻との離婚も酒が原因か?

Sponsored Link

山口達也

これだけ大きな事件に発展したこんかいのわいせつ容疑事件ですが、
山口達也さんは過去にも結構あやしい私生活が噂されていました。
今回、メンバーの城嶋茂さんた松岡昌弘さんによって、
私生活の乱れが世に伝わる形になりましたし。

 

山口達也さんは2008年に結婚し、
子供も2人授かる幸せな家庭でした。
イクメンとしても有名だった山口達也さんが、なぜ離婚してしまったのか。

 

2016年に離婚してしまった山口達也さんですが、
私生活のずれが離婚の根本的な原因だそうです。
趣味がサーフィンだったため、海が近い鎌倉に自宅を構えたそうですが、
仕事やその他趣味を優先して家庭のことは奥さんにまかせっきり。
また別宅を港区にも構えており、実際鎌倉の本宅に戻るのは
1週間に2~3回になっていたのだそう。
単身赴任といえば表向き、もっと言えば別居状態に近かったのでしょうか。

 

奥さんとの仲が不仲だったのではなく、
生活を重ねるうちにすれ違いが発生して、離婚にまで至ったのでしょう。
ただ、今回判明したお酒による悪癖。
別宅ではお酒に合わせて夜な夜な遊んでいたことも噂されています。
それこそ、今回だけでなく以前から別宅に女性を呼んでいたとの噂もあるほど。
火のないところに煙は立たないといいますが、
実に怪しい私生活だったことが今回の件で明るみになってしまいましたね。

TOKIOどうなる?元SMAP・木村拓哉さんの加入説も

木村拓哉

ここまでメディアで取り上げられており、
各番組やCM、今後の音楽活動に大きな影響を及ぼしているTOKIOですが、
なんと今、ある”計画”が水面下で動いているそうなのです。

 

それは元SMAPのメンバー・木村拓哉さんがTOKIOに加入するということ。
2017年はSMAPの解散騒動でメディアが大きく動いていました。
解散後は皆さん単独で活動していますが、
当の木村拓哉さんはドラマや映画など俳優業に力を入れていますね。
ただ絶頂期だった頃の勢いはなく、現在CMはゼロ本など
本人も結構仕事がない状態なのだそうです。

 

それを見かねたジャニーズ事務所の副社長・メリー喜多川さんが
TOKIOへの加入を猛プッシュしているのだとか。
TOKIOのメンバーと木村拓哉さんの仲は決して悪いわけではなく、むしろ親交があるほど。
山口達也さんが担当していたベースが無くなった今、
ギターが弾ける木村拓哉さんの加入が救済措置になりうると考えているようです。

 

木村拓哉さんが加入すると、
音楽性もグループも以前のTOKIOとは全然変わってしまうため
これをTOKIOと呼んでも良いのかは疑問ですが、
お互いにとってメリットがあるならいいんじゃないかと思います。
もちろんファンの方々がついてきて初めて成立することではありますが。

まとめ

いかがでしたか?
有名人の世間に与える影響は大きいと
改めて感じさせてくれた事件です。

 

TOKIO・山口達也さんにはしっかりと反省してもらうのは当然ですが、
何より被害に遭われた方が普通の生活を送れるようになるのことが先決です。
被害女性は誰だ?などとあまり騒ぎ立てず、事の顛末を見守ろうと思います。

 

こういった事を目の当たりにすると
他人の行動を反面教師にして生きていきたいと感じますね。
今後のTOKIOの活動に注目です。