皆さんご存知の通り、
日本でもドーピング問題が発生してしまいました・・・。
これはとても悲しいことです。

 

カヌー選手の鈴木康大さんが、他選手でチームメイトでもある小松正治選手に
禁止薬物を入れたことを認めました。
これをニュースで聞いたときは、耳を疑いましたね。
日本で起こったことなの!?と。

 

世の中にはいろんな人がいるとは思いますが、
スポーツ選手、しかも日本代表候補ともなると
競技に対してまっすぐに取り組んでいる人たちっていうイメージで、
ドーピングなんて絶対にしないという固定概念があったんですね。

 

それが、自身にドーピングをするのではなく
他選手に混入させるとは・・・!
これは悲しい・・・悲しすぎる事件ですね。
少し詳しく見ていきましょう。

有望な選手も、薬物混入や妨害は日頃から?今回だけではなかった!

鈴木康広

プロフィール

名前:鈴木 康大(すずき やすひろ)さん

生年月日 :1985年10月6日

身長・体重: 180cm・82kg

出生地:千葉県

所属:(株)久野製作所

出場予定種目:カヌースプリント男子カヤック

 

ニュースで詳細なことがわかってくるたびに
この鈴木康大選手は、とんでもないことをやってしまったなと思います。
今回の競技で小松選手に禁止薬物を混入されただけでなく、
今までも他の選手を妨害していたことがわかったとのこと。

 

今回の薬物混入だけでなく、
2010年ごろから他選手の妨害はされてたとのこと。
現金を隠す、カヌーに使用する道具を盗む・壊す、
他選手への誹謗中傷メールを送る、などなど。
2018年1月に報道されるまで、8~9年もの長い間に、こういった行為をしていたと思うと・・・。
それで涙を飲んでいった他の選手の気持ちとか、いたたまれなくなります。

 

報道やテレビなんかでは、
「正直に申告してくれたことが、まだ救い」という意見もありますが、
私はそこに待ったをかけたい。だって2018年に発覚しただけであって、
2010年頃からしていたんでしょ?
じゃあ、それまでに被害のあった選手ってどうなるの?って思います。
今回薬物を混入された小松選手だって、あらぬ疑いをかけられて精神的につらかったと言ってますし、
今までの長い期間で、他選手に与えてしまった悪影響たるや甚大なものです。

日本でドーピング事件は初?何故ダメか?倫理的に考えてみる

Sponsored Link

そもそも小学生の頃、
私は道徳の時間でドーピングというものを初めて知りました。
薬によって無理やり運動能力を上げる方法のこと、
それはルールで禁止されていること、
本人の体に大きな負担がかかること、などなど・・・。

 

それが中学生に進み、
保健体育の授業でもドーピングは絶対ダメ、ということを再度学習することになります。
小学生の頃から学ぶことなのに、絶対知っているはずなのに
30歳を超えた大人が、しかも他人を蹴落とすために薬物を使用したことが
遺憾としか言えません。遺憾なんて普段全然使わない言葉ですがね。

 

もっと言えば、他人を蹴落とそうとした行為が私には理解できない。
ラフプレーなど、なにがなんでも勝つという気持ちでやってしまう行為なら、
まだ理解できるんですよ。やってはダメですけどね。

 

でも今回って、小松選手の妨害をした所で自分が勝てるとは限らないじゃないですか。
仮にも小松選手がオリンピックに出れず、鈴木選手が出場したとして、
果たして世界の選手を相手に勝ってメダルを獲得できたのか?
日本代表にもなれない人が、世界大会に出場して何になるの?と。
これを考えていくと、オリンピックの舞台でも他への薬物混入をしたかもしれない。
それが世界的に発覚したら・・・もう鈴木康大選手だけの問題ではなくなってきますよね。
”日本は卑劣な国民だ”そういったレッテルが貼られてしまうんですよ。
そう考えると、今回の事件ってほんとにゾッとします。

ドーピングした後の末路。日本での罰則とは?

ドーピング

 

日本人でドーピングをした人ってあまり聞きません。
それだけ今回の事件が衝撃的だったということです。
調べてみましたが、ちょっと昔の話で山中亮平選手というラグビー選手が、
使用していた育毛剤が原因で薬物の陽性反応が出てしまって
2年間の出場停止処分となったことぐらいですか。

 

鈴木康大選手は、選手登録抹消と8年間の競技出場停止処分が決定し、
自身が目指していたオリンピックの舞台はおろかカヌー選手として現役続行すら
ほぼ不可能になりましたね。まぁ・・・そりゃそうだろうって思います。
というより、8年間?という気もします。永久追放でも良いぐらいでは?

 

現金やカヌー用道具を盗み、捨てる → 窃盗および傷害、偽計業務妨害
他選手の所属先に誹謗中傷のメールを送る → 名誉毀損
れっきとした犯罪ですよね。ワイドショーで解説していた弁護士の方も
「立派な犯罪です!」とおっしゃてました。そりゃそうでしょう。

 

今までやってきた行為について
他の選手とは弁護士を通して示談が成立していますが、
今後鈴木康大選手は、社会で生きづらくなるのは間違いありません。
絶対後ろ指をさされながら生きることになります。
結婚されており、お子さんもいる中で起こったこの事件。
家族に大迷惑をかけることも確実です。

とにかく、
犯罪行為を犯してまで得るようなことは何もないってことです。
東京オリンピックではクリーンな大会になることを
切に願っています。