こうもスキャンダルが立て続けに続くものでしょうか。

 

人気大女優の沢尻エリカが合成麻薬を保持していたとして、
合成麻薬「MDMA」を保持していたとして逮捕されました。

 

この事件を受け、各種メディアはトップニュースとして取り上げ、
芸能界はひっくり返っている様子。

 

今回の事件と、沢尻エリカへの芸能界からのコメントなどを
整理してみましょう。

沢尻エリカのプロフィール

沢尻エリカ

名前:沢尻 エリカ(さわじり えりか)

生年月日:1986年4月8日

出身地:東京都

職業:女優、歌手

趣味・特技:乗馬、ピアノ

 

井筒監督によって製作された映画『パッチギ!』や、
錦戸亮さんとの共演によって人気を博したドラマ「1リットルの涙」などでは、
ヒロインを務め大ヒットの立役者となった大女優の沢尻エリカさん。

 

ドラマ「タイヨウのうた」では役名のKaoru Amane名義で、
ドラマの主題歌を担当しこれまたオリコン1位になるほどの大ヒット。

 

しかし、映画『クローズド・ノート』の舞台挨拶で、
メディアからの質問に不機嫌そうな態度を取ってしまい大バッシング。
その後しばらくの間芸能活動を休止せざるを得ない状況にまでなりました。
その年の流行語大賞に「別に」がノミネートされるほどの物議を醸した騒動でもあります。

 

一連の騒動も落ち着いたころ、
芸能活動に復帰され、映画やドラマ、CM等への露出も増やし、
落ち着いた大人の女優として再度活躍され、
2020年には大河ドラマ「麒麟がくる」への出演が決まっていました。

沢尻エリカが合成麻薬「MDMA」保持の疑いで逮捕

Sponsored Link

先ほども紹介したように、
いろんな騒動がありつつも再起を図っていた沢尻エリカさん。

 

しかし、2019年11月16日に速報で流れ込んできたニュースで、
衝撃的な事実を我々は知ることになります。

 

―自宅の東京都・目黒区にて、
合成麻薬「MDMA」を所持していた疑いで沢尻エリカ容疑者が逮捕されました。-

 

衝撃的でしたね。
まさか麻薬を保持していたなんて・・・。
せっかくクリーンなイメージが復活しつつあって、
CM等への起用も増えていたというのに、
もったいないの一言に尽きます。

 

沢尻容疑者は16日、
目黒区の自宅マンションでMDMA約0.09グラムを所持していた疑いで送検されました。

捜査関係者によりますと、沢尻容疑者は15日夜から逮捕当日の朝まで東京・渋谷区のクラブで過ごし、
沢尻容疑者が自宅に帰宅した際に警視庁の捜査員が声を掛けて所持品検査をしましたが、
違法薬物は持っていなかったということです。

その後、自宅の捜索で沢尻容疑者の部屋からMDMAの粉末が見つかったことから、
このMDMAは逮捕の前日以前から自宅に置いていたものであることが分かりました。

沢尻容疑者は「私のものに間違いありません」と容疑を認めていて、
警視庁はMDMAの入手ルートなどについても調べを進めています。

記事元:yahooニュース リンク先はコチラ

 

職務質問を受けつつも荷物検査では見つからず、
改めて自宅を捜索したところ合成麻薬「MDMA」が見つかったとのこと。
このことから警察関係者は沢尻エリカさんが麻薬にかかわっていると、
以前から何かしらの情報を掴んでいたと言っていいでしょう。

関係者への影響

沢尻エリカ

沢尻エリカが麻薬保持によって逮捕されたことを受け、
各種メディアはひっくり返っている状況。
特に、映画やドラマ、CM等の出演していたメディア関連は、
今後の対応に必死に追われています。

 

2020年に出演が決まっていた大河ドラマ「麒麟がくる」では、
かなり重要なメインの役柄を担っており、
すでに1話から10話ほどまで撮影が終了しているとも。

 

CMについても、
人材サービス・Indeedや、
衣類用洗剤のレノアを手掛けるP&G、
人気チューハイ・ほろよいのメーカ、サントリーなど、
大手企業も対応に追われていることでしょう。

 

その損害額は、なんと5億円にも上ると言われています。

芸能界からコメント

佐藤二朗

沢尻エリカの逮捕を受け、
各種メディアはトップニュースとして取り上げて報道しています。
また、芸能界からも次々とコメントが上がっています。

俳優・佐藤二朗さん

沢尻エリカさんとは映画やドラマで共演もある、
俳優の佐藤二朗がツイッターにて今回の報道に言及されています。

事実なら。事実でないと祈るが、事実なら。
君と呑むといつも芝居の話になった。
「メンタルは芝居が好きなオッサン」と君に言った。
だから君と呑むのが愉しかった。
事実なら、君の行為は、
君も、君の才に惚れた人たちも、君の大好きな芝居も、全て汚す。
事実なら、大馬鹿野郎という言葉しか出てこない。

記事元:佐藤二朗さんのツイッターより 

佐藤二朗さん本人の、なんとも言えない悔しやとか悲しみが、
それこそ言葉を通じて伝わってくるようです。
それほど、今回の逮捕は残念でならなかったのでしょう。

ビートたけしさん

タレントのビートたけしさんも、
11月16日当日に放送された生番組、
TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」にて今回の逮捕に関してコメント。

 

沢尻容疑者についての情報を伝える中で、
ビートたけしは「また大河ドラマだよな」とぽつり。

MCで同局の安住紳一郎アナウンサー(46)も、
「そうですね。もう来年の大河ドラマ(出演)が決まっていまして、
6月から撮影は始まっていたということですが、
当然何らかの変更の措置があると思われます」と語った。

記事元:サンスポ リンク先はコチラ

こちらは、NHKの大河ドラマ出演者が軒並み問題を起こしていることに言及。
なかば呆れているといった感情でしょうか。
ここまで続けば、このような感情になっても仕方ありあせんね。

上沼恵美子さん

関西では発言力に絶大な影響がある上沼恵美子さんもコメント。
結構毒舌な感じてコメントされています。

タレント上沼恵美子(64)が17日、
大阪府吹田市の万博記念公園で行われた「ABCラジオまつり2019」に参加した。

書き下ろしとしては約10年ぶりの新曲「時のしおり」など3曲を披露した。
ステージでは歌の合間に麻薬取締法違反の疑いで、
警視庁組織犯罪対策部第5課に逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)について言及した。

代表曲「大阪ラプソディー」「人生これから」を歌い終えると、
上沼は沢尻のことについて触れた。
「沢尻エリカさん、えらいことになりましたね」と話し、
「あの子、そやけど、そのまんまの子やったね」と振り返った。
さらに「ほんとに、残念なことでございました。
沢尻さんのワイドショー、これからずっと。1週間楽しみやわー」と本音トークを展開した。

在阪局の上沼が出演する深夜番組に沢尻がゲスト出演したときのことを回想。
「(映画の)『パッチギ!』の前でしたね。(番組で)豆ご飯とシューマイをつくった。
かわいい、感じがいい子だった。私の豆ご飯をお代わりした。
この子はええ子やなと思ったのに…。人間、分かりませんわ」と毒舌トークを繰り広げた。

最後に「気を引き締めないとね。この世界は孤独でございます。
スターは孤独。頂点に行くと、酸素が少なくなるんですよ」と持論を展開した。

記事元:日刊スポーツ リンク先はコチラ

こちらはかなり辛辣な意見ですね。
―1週間楽しみやわ―あたりは上沼さんらしいなと。
ただ、沢尻エリカさんがブレイクする前に、
一度お会いしていることもあって、残念な気持ちは他の方と変わらないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

麻薬保持や、
その他犯罪は自分だけでなく周りの人たちへも、
多大な影響を及ぼしてしまいます。

 

それが有名人であればあるほど、
その影響は大きいもの。

 

今後、沢尻エリカさんがメディアに出てくることはほとんどないでしょう。
ただ、芸能界だけでなく社会へ貢献する方法はいくらでもあるはず。
今はしっかりと罪を償ってほしいと思います。