私が市原隼人さんを初めて見たのは
ドラマ「ウォーターボーイズ2」の主演を演じていた時ですね。

 

めちゃめちゃ初々しかったのを覚えています。
ドラマが大ヒットし、本人にとっても自身を全国区にした作品ですから
今でも思い入れがあるそうですよ。

 

最近ではドラマや舞台でもベテランの雰囲気が出てきており
縁起に渋さが際立ってますよね。

 

今日はそんな市原隼人さんに注目してみましょう。

市原隼人さんのプロフィール

市原隼人

氏名:市原 隼人(いちはら はやと)さん

生年月日:1987年2月6日

出身地:神奈川県

趣味:テレビゲーム、カラオケ

特技:ヘアメイク、バック転

事務所:スターダストプロモーション

 

市原隼人さんといえば
現在では、ベテランの域にも達している俳優さんですが、
デビューは小学校5年生のときにまで遡ります。

 

しかも芸能界に入るきっかけとなったのはスカウト!
小学生にも関わらず、渋谷でスカウトされたのだとか。

 

芸能人としてエリートコースに乗った瞬間だったでしょうね。

 

そこからは数々の映画・ドラマに出演されており、
2003年竹野内豊さん主演のドラマ「ヤンキー母校に帰る」では、
ストーリーのキーパーソンを演じたり、
2004年では主演を務めた「ウォーターボーイズ2」が大ヒットするなど、
市原隼人さんの代表作となりました。

市原隼人さんがハゲてきた?髪型の遷移をチェック

Sponsored Link

ルックスもよく、作品にも恵まれ、
今となっては俳優として大活躍中の市原隼人さんですが、
ネットで検索すると「ハゲできた」とか「髪の毛が少なくなってきた」とか、
そういうのを目にします。

 

なんとも失礼な話かもしれませんが(笑)、
市原隼人さんの髪型の遷移を代表的なドラマを通じて集めてみました。
ちょっと見比べていきましょう!

ドラマ「ウォーターボーイズ2」のころ:2004年

市原隼人

この頃は、めちゃめちゃ初々しいですね。

 

市原隼人さんも17歳から18歳の頃ですから、
主演の高校生役をそのまま演じられた感じですね。

 

髪型も若々しいショートカットで、
高校生らしい髪型です。

ドラマ「ROOKIES」のころ:2008年

市原隼人

ドラマ「ROOKIES」といえば、
市原隼人さんがエースピッチャー・安仁屋恵壹を演じ話題になりました。
ドラマ自体も大ヒット。視聴率も最高で19.5%を記録するなど、
大旋風を巻き起こしました。

 

そんな中、市原隼人さんの髪型といえば、
やはり配役の安仁屋恵壹に寄せているのか、
肩までかかる長髪になっています。

 

しっかし、短髪でも長髪でも似合いますね!

最近:2017年~2018年

市原隼人

結婚もされ、お子さんも生まれて
よきパパになった市原隼人さん。

 

ここまでくれば髪型も落ち着いてきてますね。
ウォーターボーイズ2の頃よりもだいぶ短く、
サイドは刈り上げています。

 

これだけ短髪にしたベリーショートスタイルだと、
髪の毛が薄くなった!?と思われても仕方ないですが、
私個人的には、年相応な髪型なんじゃないかな、と思います。

 

長髪でも短髪でも、ベリーショートでも
どんな髪型でも似合う市原隼人さんに敵なし!な感じがしますね。

市原隼人さんの筋肉が凄すぎる。トレーニングは何をしてる?

市原隼人

 

市原隼人

髪型に注目されていますが、
市原隼人さんを語るに欠かせないのが、
その体型です!

 

なぜ、このような体型なのでしょうか?
ウォーターボーイズ2に出演されていた頃は
ここまでバッキバキではなかったように思いますが・・・。

 

市原隼人さんが筋トレをするきっかけになったのが、
映画「ボックス!」でボクシングの選手を演じる際に、
役作りで筋トレをしたのが始まりなんだそうです。

 

そこからは、なんでも熱血!!に取り組んでいく市原隼人さんですから、
持ち前の負けん気で筋トレに励んでいくことになります。

 

パーソナルトレーナーに指導を仰ぎ、
普通のトレーニングではなく、
格闘家・プロボクサーなどが行うトレーニングメニューをこなし、
肉体改造を続けたそうです。

 

トレーニングを続けていた中で、

”俳優・市原隼人であるために”、
ハードなトレーニングを欠かさない!

と市原隼人さんの心の中には秘められており、
まさにストイック、まさに熱血!の塊のような性格の持ち主です。

 

これだけストイックに鍛えれば、
体がプロ並みにバッキバキになるのも納得ですね。

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は市原隼人さんにスポットを当ててみました。

 

性格が熱血!というにふさわしい人柄ですので、
今後も俳優として熱い演技を是非見てみたいものですね。