ほとぼりはすぐには冷める気配がないですね。
それだけ大きな過ちを犯してしまったことが伺えます。

 

人気お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実さんが、
自身が立ち上げた個人事務所・会社にて、
納税の報告を怠り、国税局から申告漏れを指摘された件で、
芸能活動を無期限で活動自粛することが決定。

 

人気タレントの活動自粛によって、
テレビ局を始めとして、メディアでの対応が明らかになってきました。

 

また、徳井さんと懇意にしていた関係者の方々も次々にコメント。
さて、反応はどんなものでしょうか。

さっそく見ていきましょう。

チュートリアル・徳井義実の申告漏れ問題をおさらい

徳井_涙

再度のおさらいになりますが、
人気お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実さんが、
芸能活動を無期限で自粛することになった経緯を
おさらいしておきます。

 

徳井さんは2009年に個人事務所を設立。
目的は、自身のタレント活動で得た給料を節税するため。
個人として受け取っていては、法人化したときと比べて損をすると考えたのでしょう。

 

しかし、2009年に会社を設立して以降、
期限内に所得の申告をした年は一度もなく、
遅れてから申告するという状況に。

 

結局、2018年までの納税について、
所得隠しと申告漏れを国税局に指摘されて以降、
メディアで取り上げられるたびに大ごとになっていきます。

 

緊急謝罪会見が開かれましたが、
その場でおっしゃっていたことは、
「自身の甘さ、ルーズさ」という言葉。

 

数年に渡っての納税の申告漏れ。
それに伴うタレントとしての信頼の失墜。
度重なる好感度の激減や社会的な批判を受けて、
無期限で芸能活動を自粛することになりました。

 

チュートリアル・徳井さんの活動自粛への経緯の詳細は以下の記事もどうぞ!

>チュートリアル徳井に脱税疑惑⁉経営していた会社の詳細や今後の処分を予想

>【申告漏れ】徳井(チュートリアル)が活動自粛!出演番組への影響は?

チュートリアル・徳井義実の活動自粛による影響

テレビ局の対応

テレビ番組_イラスト

さて、
徳井さんが芸能活動を無期限で自粛することが発表されました。
所属事務所である吉本興業をはじめ、
レギュラー番組に出演していた関係者、テレビ局等は、
日々対応に追われていることでしょう。

 

レギュラー番組のほとんどは、
”出演を見送り”。
このご時世ではほとんどクビに近いでしょう。
すでに収録済みの番組について、
編集をかけて徳井さんが映らないようにする番組もあれば、
撮り直しを行う番組もあるそうで。

 

徳井さん本人に対する世論の厳しい批判は仕方のないことですが、
それにとばっちりを受ける形でテレビ局が煽りを受けています。

記事の一部ではありますが、日本テレビの関係者によるコメントを抜粋しました。

日本テレビ系列で一番レギュラー番組が多く、
徳井さん単体では
「今夜くらべてみました」(水曜・後9時)、
「衝撃のアノ人に会ってみた!」(水曜・後7時)に出演中。

 

相方・福田充徳(44)さんとのコンビでも
「人生が変わる1分間の深イイ話」(月曜・後9時)と
「しゃべくり007」(月曜・後10時)に出演中だった。

 

10月28日の定例会見で日本テレビの小杉善信社長(65)は、

「今回の件に関しましては、社会的に影響のある方なので、
その方が国民の義務を果たしていなかったのは大変、残念。
悪意があるなしでなく、結果責任を見ていかないといけないと感じています」と厳しく断罪した上で、
「日本テレビとしては吉本興業の対応を見て、これから収録する番組は当面見合わせ。
収録済みの番組は最大限、配慮して放送する。配慮というのは編集面でということですね」と続けた。

 

編成担当の福田博之取締役は社長の発言を受け、

「編集面での対応ですが、モザイクをかけてということではないが、
普通の番組と見た目が違う感じになります」と説明。

「ウチはレギュラー番組が多いので、それぞれ対応している。
自粛期間を吉本からうかがっていないので、撮ったものは数本あるが、
どこまで対応するかはまだ決まっていない」と話し、
「テロップでの対応はします」と続けた。

 

記事元:スポーツ報知 サイトURLはコチラをクリック

すでに収録済みの番組を、
再編集せざるを得ないとなると、
編集者だけでも膨大の労力が発生してしまいます。
ましてや、番組放送日が決まっている中でのこととなると、
徹夜をしてコトに当たっている番組関係者もいるそうです。

 

徳井さん自身は”ルーズだった”という言葉で謝罪会見を行いましたが、
これだけ多大なる影響を与えてしまっては、
単なるルーズでは済まないかもしれません。

損害はどれくらいか

大金_イラスト

テレビ各局に多大なる影響を与えてしまった、徳井さん。
これだけてんてこ舞いな状況になると、
損害額も相当のものになってしまうことが予想されます。

 

出演していたレギュラー番組は出演を見送り。ほとんど降板に近いものです。
こうなると、各スポンサー、テレビ制作会社から”違約金”が発生しても、
おかしくありません。

 

こういった不祥事に対する違約金は、
正式な金額が発表されることはありませんが、
芸能ジャーナリストの方々の調査などもあって、
ある程度は予測できます。

 

過去の芸能界・不祥事による違約金

ここで、過去に他の方が起こしてしまった、
芸能界不祥事に対する違約金を
紹介しておきます。

・俳優 小出 恵介 さん

時期:2017年6月頃

不祥事内容:未成年との淫行疑惑

違約金:約10億円

連続ドラマや、映画などにも引っ張りだこだった人気俳優。
当時17歳の女性にお酒を飲ませて淫行に及んだ疑い。
その後メディアからは消えることに。

・タレント ベッキーさん

時期:2016年1月頃

不祥事内容:ゲスの極み乙女・川谷さんと不倫。

違約金:約4億円

レギュラー番組を数多く持ち、好感度も上位だったにもかかわらず、
不倫報道によってその人気は地に落ちることに。
いまではお笑い担当で、芸人顔負けのリアクションを売りに、
再起を図っている。

・元アイドル 矢口 真里さん

時期:2016年5月頃

不祥事内容:不倫。

違約金:約1億円

帰宅した元夫・中村昌也さんに、不倫相手との行為を目撃される。
不倫の男性をクローゼットに押し込んで、やりすごそうとしたものの、
時既に遅し。
ベッキーさんと同様レギュラー番組を数多く持っていたが、
好感度が急落。今ではメディアにあまり姿を現すこともなくなった。

徳井さんの違約金はどれくらいか予想

芸能界の不祥事による違約金の桁は、
我々一般人からは想像もできないような金額です。
今回のチュートリアル・徳井さんへも相当な額の違約金が発生しそうです。

 

レギュラー番組の本数で言えば、
絶頂期のベッキーさんと同じくらいの本数らしいですが、
かつCMへの出演本数が2~3本とベッキーさんに比べて控えめ。
これらを考慮していくと、
ベッキーさんの違約金=約4億円が上限のラインになりそう。

 

少なくとも、
1億円は確実に超えるでしょう。
問題はこの違約金を事務所の吉本が支払うのか、
それとも個人の徳井さんが支払うのか。

 

というのも、皮肉にも得井さんは”個人事務所”を構えてしまっています。
自ら立ち上げた個人事務所の問題なので、
徳井さん個人へ支払いが請求されても仕方がありません。
そうなると、とてもじゃないですが個人で支払えるような金額ではなく、
徳井さんにとっては相当厳しい状況となってしまいそうです。

関係者の反応

小沢_1

徳井さんの活動休止を受けて、
芸人仲間やコメンテーターの方々は次々にコメントを発表しています。

親友・スピードワゴン 小沢一敬さん

徳井さんとは大の親友で知られている、
スピードワゴン・小沢一敬さん。

 

生放送情報番組・アッコにおまかせに出演されたときに、
コメントをされています。

徳井について聞かれると、
「当然話はしましたし、本人はすごい反省しています、
僕も『コラッ』と言いました」と明かした。

 

「できることは何もないから…できることは何もないというのは」などと番組内で涙目に。
MCの和田アキ子から「何言うてんの」と突っ込まれると、
「何があっても友達だから…」と言葉を絞り出していた。

 

その上で「間違ったことをしたら反省して自分の中でけじめ付けたら、
戻ってこれる社会であった方がいいなと思う。
今回のことだけじゃなくて、1回失敗したら終わりの世界は好きじゃない」と話していた。

TBSテレビ系「アッコにおまかせ」 にてコメント

和田アキ子さんからは厳しい声が

アッコにおまかせのメインMC・和田アキ子さんからも、
厳しいコメントが。

「薬とかやってると『やめなさい』『なにやってるんだ』っていえるけど、
うちらも疎いから税金のこと、言えないんですよ。
でも彼の発言を聞いてるとちょっと幼稚すぎて、子どもじゃないんだから

TBSテレビ系「アッコにおまかせ」 にてコメント

吉本の先輩であり、朝の情報番組MC・加藤浩次さん

朝の情報番組に出演していると、
こういったニュースにも触れなくてはいけないのがつらいところです。
メインMCの加藤浩次さんも厳しいコメントをされています。

「何をしてんだと思う。ルーズで済む話でない。
ルーズじゃダメなことだから。
税金を払わないことは。」

日本テレビ系「スッキリ」 にてコメント

まとめ

いかがでしたか?

芸能界の不祥事は、
波及的に影響が広がり多大なる損害がでるもの。

 

活動自粛し、メディアへの出演を止めただけでは、
終わらせることはできません。

 

今後、テレビ局や所属事務所の吉本興業の対応、
また、可能性は低いにしても徳井さんの復帰時期など、
注目していきたいと思います。