またまた、こんなニュースが流れてきました・・・。
不正疑惑等のニュースが流れると、
なんとも残念な気持ちになってしまいますね。

 

人気お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実さんが、
脱税疑惑として報道されました。

 

私がこのニュースを見て、なにより思ったのが、

―徳井さんって会社経営をしていたの!?-

皆さんもそう思った方が多いのでは?

 

というわけで、
今回のニュースを確認していくとともに、
徳井さんの経営していた会社等も調べていきたいと思います。
さっそく見ていきましょう。

チュートリアル・徳井義実さんのプロフィール

チュートリアル徳井1

名前:徳井 義実(とくい よしみ) さん

出身地:京都府 京都市

生年月日:1975年04月16日

星座:おひつじ座

血液型:A型

職業:お笑い芸人、タレント

 

京都の地元高校を卒業後、
1年間の浪人生活を経て花園大学へ入学します。
そこの大学は第1志望の大学ではなかったため、仮面浪人として受験勉強を続けますが、
実際は次の受験もうまくいかず、そのまま花園大学へ通うことになります。

 

その後は大学での勉強よりもアルバイトに精を出し、
バーテンダーのボーイ等、ルックスを活かしたバイトでお金を稼ぐ日々となります。
大学4年生になって進路に迷ったとき、
幼稚園からの幼馴染・福田充徳さんにお笑いコンビを組もうと誘われ
「チュートリアル」を結成。

 

大学では4年間で2単位しか取れなかったため、中退という形となり、
本格的には1989年にお笑い芸人としてデビュー。
2001年にM1グランプリで決勝進出を果たすと知名度がアップ、
2006年には優勝し全国でも人気のお笑いタレントとなりました。

 

今ではコメンテーターや司会業もこなすなど、
幅広い活躍をされています。

徳井さんが経営する会社

Sponsored Link

M1グランプリにも優勝し、
マルチに活躍されている徳井義実さんですが、
今回のニュースをきっかけに、会社を経営していることがわかりました。

 

それではどんな会社を経営しているのでしょうか?

 

会社名は「株式会社チューリップ」

徳井さんが設立した個人経営会社となりますね。

 

個人経営会社を行う理由としては以下ぐらいでしょう。

・社会的信用度UP

・節税対策

自分の名刺に「株式会社○○ 代表取締役」という肩書が書かれていただけでも、
社会に対する自分の信用度は絶大なものがありますからね。
あとは、ある程度の収入が見込める人にとっては、
普通に税金を払うよりも法人化してしまったほうが、
節税になります。

 

これだけでも、
芸能人として成功した徳井さんの収入が
一般的なサラリーマンより多いことがわかります。

 

この株式会社チューリップでの動きですが、
徳井さん自身のラジオやテレビでの出演料を、
所属する吉本興業が徳井さんへ支払うときに、
株式会社チューリップが間に入って、徳井さんに支払われていたとのこと。

 

なるほど、自らのギャラ・給料に対して、
法人化することで節税していたわけですね。

脱税疑惑

チュートリアル徳井2

さて、徳井さんが個人経営会社を設立し、
節税に励んでいたことはヨシとして、
脱税疑惑がかかってしまったのはなぜなんでしょう?

お笑いコンビ 「チュートリアル」の徳井義実(44)さんが設立した会社が、
東京国税局から2018年までの7年間で約1億2000万円の所得隠しと申告漏れ
指摘されていたことがFNNの取材でわかった。

 

関係者によると 徳井さんは、
所属する吉本興業から支払われるテレビやラジオの出演料などを
本人が個人として設立した「株式会社チューリップ」を通して受け取っていたが、
2012年から2015年までの4年間で個人的な旅行や洋服代、アクセサリー代などを会社の
経費として計上していた。

 

東京国税局はこれを経費として認めず、約2000万円の所得隠しを指摘した。
また、2016年から2018年までの3年間は収入を全く申告しておらず、
徳井さんに対し約1億円の申告漏れを指摘した。
重加算税等を含めた追徴税額はあわせて約3400万円にのぼるとみられる。

 

徳井さんはすでに納税と修正申告を済ませている。
所属事務所の吉本興業は事実関係を確認している。<出典:FNNニュース>

 

うん・・・。結構大きな話となっていますね・・・。

会社の利益(株式会社チューリップ)は個人(徳井さん)が
基本的には自由に使ってはいけないはずです。
それを全額(かどうかわかりませんが)会社の経費として、
落とすことはできないはず・・・。

 

一般的なサラリーマンは、
勤めている会社が確定申告をしてくれますし、
脱税そのものが起きにくいのがごく普通です。

 

それが、個人経営の会社、となると、
会社の収入や経費等の計算も自己責任になりますし、
事務作業もそれなりに増え、責任が発生してくるわけです。

 

ここからはあくまで私の予想ですが、
徳井さんは個人事業主と法人化のメリット・デメリット、
もっといえば法人化に関する法律を、
熟知していなかったのではないでしょうか?

 

だとすれば、
所得申告をしてなかっただとか、
アクセサリーの購入費用に会社経費を充てたとか、
結構外れた行動にも納得してしまいます。

今後の処分(予想)

処分_イラスト

ちょっと、コトが大きくなってきていますね。
億単位の脱税疑惑となると、
タレントとしてのイメージダウンは免れません。

 

現在は、所属事務所の吉本興業が事実確認をしていますが、
徳井さんへの処分は厳しいものになることが予想されます。

 

吉本興業は2019年夏に色々と不正じみたことが発覚したばかりですし、
こういうニュースには今とても過敏になっている時期。
そんな中で徳井さんが起こしてしまった脱税疑惑が本当ならば、
会社としても処分せざるを得ません。

>雨上がり決死隊・宮迫博之さんの闇営業関連の記事はコチラ

 

最近での具体的な処分で言えば、
雨上がり決死隊・宮迫博之さんと、
ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんは現在も無期限謹慎中ですし、
カラテカ・入江慎也さんは契約解除(事実上のクビ)となっています。

 

徳井さんも、
最低でも無期限の謹慎処分となるのではないでしょうか。

もし、そのような処分となれば、
レギュラー番組を抱えていた番組制作会社、
各企業のCM等への影響は大きなものとなり、
徳井さんへ莫大な違約金が発生しないとも言い切れません。
また、相方の福田充徳さんにとってもつらい現実が待っているでしょう。

 

今後、吉本興業から何等かの発表があるのか、
はたまた徳井さん自身が会見を開くのか、
注目していかなければなりませんね。

まとめ

いかがでしたか?

 

チュートリアル・徳井義実さんが、
会社経営をしていたことも結構驚きですが、
なによりも億単位での脱税疑惑をかけられているのは、
ファンにとっては悲しいことですね。

 

すでに納税と修正申告は済ませているので、
法律上はギリギリセーフかもしれませんが、
イメージダウンは免れないでしょう。

 

今後、徳井さん自身がどういう動きを取るのか、
所属事務所の吉本興業はどう動くのか、
この辺りが注目すべき点となります。

 

個人的には、反省していただいて、
もう一度、漫才で観客を明るくしてほしいと思いますが、
世間が許してくれるかどうか・・・。
とにかく今後の動きに注目したいと思います。