世の中には私達の知らない世界がいくらでもあります。
日本にいながら、その土地の風習や文化を知らないのもしばしば。
方言にいたっては全く理解できないこともあります。

 

それが世界になると、別の国の話になるとどうでしょう?
文化、宗教、歴史的背景・・・。
それこそ、私達の常識とはかけ離れた世界観が広がっています。

 

そんな世界観のほんの一部分を取り上げ放送してくれる番組があります。
TBS系列で放送されている「クレイジージャーニー」!
今となっては有名な番組になっていますが、
内容はかなり攻めたものとなっており、それが良い評判となっています。

 

今日はそんなクレイジージャーニーでもレギュラー的存在である、
写真家・ヨシダナギさんについてスポットを当ててみました。
彼女の活動内容に込められた生き方などをチェックしてみましょう!

ヨシダナギさんのプロフィール

ヨシダナギ

名前(活動時):ヨシダナギ さん ( 英語表記:nagi yoshida )

生年月日:1986年 ※月日は非公表

出身地:東京都

学歴:不明 

公式HP:http://nagi-yoshida.com/

 

ヨシダナギさんですが、本名・生年月日ともに非公表とのこと。
生い立ちもかなり特殊です。

年少から学生の頃

ヨシダナギさんが小さい頃、
普通の女の子ならセーラームーンやプリキュアなどに興味を持つ中、
ヨシダナギさんはなんとアフリカの民族「マサイ族」に、
憧れを持つようになります。

 

「私も大きくなれば、マサイ族みたいになれるはず!」
信じ込んでいたほど。
ですが10歳の時に両親から、マサイ族にはなれないよと諭され、
「すべてが終わった」と絶望を感じることになります。

その後しばらくして、両親とともに千葉県へ引っ越すと、
小学校ではいじめに遭うように・・・。
いじめは中学校に進学しても続いてしまい、
とうとう登校拒否をして引きこもってしまいます。

 

重ねるように、ヨシダナギさんの両親が離婚し、
ヨシダナギさんは父親と一緒に暮らすようになります。

 

ヨシダナギさんの元気のない様子を見て父親は、
「学校には行きたくなったら行けばいい」と、
おおらかな気持ちで受け入れます。

 

家にいてるだけでは暇だろうと、
パソコンをヨシダナギさんに買って与えました。
このパソコンがヨシダナギさんの世界観を広げるきっかけになっていきます。

ネットアイドル~グラビアイドル~イラストレーターまで

買ってもらったパソコンを駆使して、
ヨシダナギさんは14歳でありながら、
小説を投稿するようになります。

 

それがきっかけで出版社に自身のHPを作成してもらい、
自分のプロフィール画像も投稿しました。

 

このプロフィール画像に使用した写真が
「かわいい!」と評判になり、
噂を聞きつけた芸能事務所からスカウトされる形で
グラビアイドルに。

 

しかし、元々人間関係をうまく築くことが苦手だったため、
グラビアイドルの仕事もすぐに辞めたいと思うようになります。
思春期の難しい時期も重なって、
ヨシダナギさん自身も精神的に不安定になってしまいます。

 

結局、グラビアアイドルとしての活動は長くは続かず、
飲食店のアルバイトを転々とする日々。
これではいけないと、自分のできることを考え、
幼い頃から褒められていた絵を描くことを思い出し、
イラストレーターとして活動を開始。
雑誌や絵本の挿絵の仕事などをしていくようになります。

フォトグラファーに

21歳のころには両親の元を離れ、
東京で一人暮らしを初めます。
一人暮らしのためにずっとお金を貯めていたそうで、
なんだかんだで行動力はこの頃からあったんですね。

 

この頃から写真を撮り始め、
再婚したヨシダナギさんの母親の子供が
フィリピン留学するのをきっかけに、
ヨシダナギさんも一緒にフィリピンへ。

 

フィリピンの中で、
なんとなく歩いていたスラム街の子供の笑顔に惹かれ、
写真を撮ってブログに掲載したところ、
ブログのコメント欄には高評価のコメントが。
これが、ヨシダナギさんが写真家として活動していくきかっけとなったのです。

ヨシダナギさんの活動内容・民族写真家とは

Sponsored Link

ヨシダナギ

本格的にカメラマンとして活動

フィリピンでの撮影の経験を経て、
写真家・カメラマンとして活動していくことを決めたヨシダナギさん。

 

フィリピンでの撮影はヨシダナギさんにとって、
あまり刺激的なものではなかったらしく、
再びお金を貯めて、23歳のときにアフリカに向かいます。

 

最初は現地の民族の方々から全然受け入れられず、
嫌がらせも受けていたほど。
ですが、ヨシダナギさんはめげませんでした。

 

ヨシダナギさん自身、
アフリカの人たちとの距離が遠いために、
撮りたい写真が撮れないストレスに悩んでいましたが、
2012年、3度めの渡航でついに、とある行動に出ます。

 

それは、民族の方々と同じ格好をすること!

 

衣装はもちろん、裸ならヨシダナギさん自身も裸になります。
この驚くべき行動が現地の民族の方々との距離を一気に縮めることができ、
民族の方々を主とした芸術的な写真を撮ることに成功しました。

 

このスタイルが話題となって、
2015年にTBS系列番組「クレイジージャーニー」に初出演すると、
一気に知名度が上昇!

 

今では日本国内でもトークショーイベントを行うなど、
活動の場を広げています。

ヨシダナギさんの作品をチェックしてみよう

ヨシダナギさんはツイッターやインスタグラムを行っており、
ご自身の作品の一部も公開してみます。
少し覗いてみましょう!

 
 
 
View this post on Instagram
 
 

* ‪【 新年のご挨拶 】 – Wishing you a Happy New Year! – * ‪昨年は大変お世話になりました。‬ ‪2018年は柄にもなく働き過ぎたので今年は例年以上にユルめにいきたいと思っております。 * 本年もヨシダには過度な期待はせず、そして、ご贔屓のほど宜しくお願い申し上げます。 * 2019年が皆さんにとって穏やかで幸せな一年となりますように。‬ * ‪#ヨシダナギ ‬#nagiyoshida #2019 #芋に生き芋に活かされる #そんな一年でありたい #とにかく #芋が好き #ヨシダの今年の抱負 #極力カメラに触れない #カメラと距離をおく #だって #カメラ重たいし #カメラ難しいんだもん #そんなこんなで #とりあえず #今年もヨシダを宜しくお願い致します #photographer #africaamazing #africa #mali #bororo #tribe #beautifulpeople

nagi yoshida / ヨシダナギさん(@nagiyoshida)がシェアした投稿 –

 
 
 
View this post on Instagram
 
 

* 【 限定カバー版登場! 】 -ヨシダナギHEROES発刊記念トークイベント&サイン会@新宿- * どうも、こんにちは。 幸せのハードルがすこぶる低いヨシダです。 * 本日はヨシダナギBEST作品集「HEROES」の限定カバー版登場のご報告と、それを記念したトークイベントとサイン会のお知らせでございます。 * HEROESの通常版の表紙は、エナウェネ・ナウェ族となっておりますが、限定カバー版は、ヒンバ族/アファール族/スリ族/トゥアレグ族/オモマサライ族の5種類からお選びいただけます。 * こちらの限定カバーは7月24日まで〝紀伊國屋書店 新宿本店〟のみでの限定販売(数量限定&期間限定)となりますので、是非、お店で手に取ってご覧いただけたら嬉しゅうございます。また、限定カバーを外すと通常版の表紙になりますので気分によって2タイプお楽しみいただける仕様となっております。※限定カバー版にはシリアルナンバーは入っておりませんのでご注意下さいませ。 * ■ サイン会@紀伊國屋書店 新宿本店 日時:1回目:5月21日(月)16:30-17:30 2回目:5月29日(火)①16:30-17:30②18:30-19:30 会場:紀伊國屋書店新宿本店1Fひろば特設会場 参加条件&詳細:お手数ですが、プロフィール記載のHPからBlogに飛んでご確認くださいませ。 * ■ トークイベント|ヨシダ、紀伊國屋ホールに立つ 日時:5月21日(月) 19:00〜 会場:紀伊國屋ホール (紀伊國屋書店新宿本店4F) 参加費:¥2,160 申込&詳細:お手数ですが、プロフィール記載のHPからBlogに飛んでご確認くださいませ。 お問い合わせ:03-3354-0141 * それでは、会場で皆さまとお会いできますことを楽しみにしておりますー! * #ヨシダナギ写真展 #次は5月23日〜28日まで梅田阪急 #その次は #札幌 #名古屋 #広島 #都度お知らせします #ヨシダナギ #nagiyoshida #クレイジージャーニー #シブセイ #singsing #heroes #アフリカ #アマゾン #アジア #少数民族 #ヨシダしゃべるってよ #紀伊國屋書店 #africaamazing #africanbeauty #africa #suri #tuareg #himba #photography #enawenenawe #exhibition #photographer #beautifulpeople

nagi yoshida / ヨシダナギさん(@nagiyoshida)がシェアした投稿 –

 
 
 
View this post on Instagram
 
 

* 【 ヨシダナギ写真展:HEROES 】 * 本日より、ヨシダナギ写真展「HEROES」がそごう千葉店にて始まりましたー!週末にはトークイベントやサイン会などもございますので、お誘い合わせの上、是非、お立ち寄りくださいませー! * また、会場内は撮影自由となっておりますので、お気に入りのヒーローを見つけてSNSなどで是非シェアしていただけたら大変嬉しゅうございます! * ■ ヨシダナギ写真展「HEROES」@そごう千葉 * 日時:9月12日(火)~18日(月・祝)※最終日は17時迄 会場:そごう千葉店7F 美術画廊 在廊予定日:16&17日17-20時、18日14-17時 詳細:お手数ですが、プロフィールに記載してあるHPからBLOGに飛んでご確認くださいませ。 ※入場無料 * ■ ヨシダナギ無料トークイベント&サイン会 * 内容:約60分のトークショー終了後、サイン会を開催いたします。トークショー終了後、事前に7F=美術画廊にて購入された作品や写真集、対象商品にサインをお入れいたします。 * 日時:16日(土)・17日(日) 各日14時~16時 会場:2F=パルパティオ 参加方法:各日トークショー&サイン会の整理券をお持ちの100名さま。 整理券は16日(土)・17日(日)の各日午前9:30~9:50に本館1F=駅側ジュンヌ側口にて配布致します。 詳細:お手数ですが、プロフィールに記載してあるHPからBLOGに飛んでご確認くださいませ。 ※徹夜でお並びいただくことはご遠慮ください。 ※先着100名さまに達し次第終了となります。 ※整理券はお一人さま1枚限りとさせていただきます。 * ■ ヨシダナギ サイン会 * 作品や写真集、対象商品をお買い上げの方に、ヨシダの在廊時間中に美術画廊にてサインをお入れいたします。 * 日時:16日(土)・17日(日) 各日 17:-20時、18日(月・祝)14-17時  会場:7F=美術画廊 定員:各日サイン会の整理券をお持ちの200名さま。 整理券:各日とも開店時より、美術画廊にて作品や写真集、対象商品をお買い上げの方に整理券を配布いたします。 詳細:お手数ですが、プロフィールに記載してあるHPからBLOGに飛んでご確認くださいませ。 ※先着200名に達し次第終了となります。 ※整理券はお一人さま1枚限りとさせていただきます。 * それでは、会場で皆さまにお会いできますことを楽しみにしておりますー! * #ヨシダナギ #nagiyoshida #ヨシダナギ写真展 #heroes #クレイジージャーニー #アフリカ #アマゾン #enawenenawe #少数民族 #tribes #カラム族 #エナウェネナウェ族 #スリ族 #ヒンバ族 #himba #kalam #suri #afar #african #africaamazing #nomad #beautifulpeople #africanbeauty #portrait #photography #ethiopian #tribalpeople #papuanewguinea #sadhu

nagi yoshida / ヨシダナギさん(@nagiyoshida)がシェアした投稿 –

インスタグラムからも、
ヨシダナギさんが撮った写真の迫力が伝わってきますね!

ヨシダナギさんのプライベート 結婚はしてる?

ヨシダナギ

これだけ海外で活動してるヨシダナギさんですが、
プライベートはどんなことをされているんでしょうか?

ヨシダナギさんに彼氏はいる?

それこそ結婚適齢期ですから、
彼氏の一人がいても驚きはしませんが、
どうやらそういう関係の男性はいらっしゃらないそうです。

 

ただ、好みのタイプの男性はいらっしゃるそうで、
プロレスラーの蝶野正洋だそうです。
ヨシダナギさんの父親がプロレス好きだったことも
影響しているかもしれませんね!

国内でいる間も大忙し!

テレビに出演するようになってから、
知名度が一気に上がったヨシダナギさん。

 

国内でも、
写真展やトークショーイベントに引っ張りだこで、
全国津々浦々飛び回っているそうです。

 

そのため、プライベートと言える時間があまり取れず、
現在ではかなり疲れているのだとか。

 

海外での活動は想像を絶するほどの体力を消耗するので、
日本国内でいる間はゆっくりしてもらいたいですが・・。

まとめ

いかがでしたか?
今回は海外の少数民族を題材として写真を撮る、
カメラマンのヨシダナギさんを紹介しました。

 

私達の知らないところで活動し、
私達に知らない世界を伝えてくれる人がいることに
感謝しないといけませんね。

 

これからも体にはくれぐれも気をつけて、
頑張ってもらいたいと思います。