芸能界で売れるということは本当に大変なことで・・・。
芸人さんやアイドルともなれば、売れずに辞めていく方々の数も相当なものになっているはずです。

 

そんな中ピン芸人としてブレイクしたサンシャイン池崎さん。
衝撃的なネタで一斉風靡していますよね。
そこからはバラエティ番組やCMなどでも見かけるので、
一発屋芸人と思われがちですが、なんとか生き残っている状況です。

 

ブレイクするまでにかなりの苦労をしているサンシャイン池崎さんですが、
実は実家がものすごいらしく・・・。
そんなサンシャイン池崎さんについて今日は記事にしてみました。

サンシャイン池崎さんのプロフィール

サンシャイン池崎

芸名:サンシャイン池崎(いけざき)さん

本名:池崎 慧(いけざき さとる)さん

出身地:鹿児島県鹿屋市

生年月日:1989年10月9日

学歴:大分大学 工学部 卒業

所属事務所:ワタナベエンターテイメント

 

以外にも高校も偏差値57と進学校に通っており、
最終学歴は大分大学工学部卒業とかなりインテリです。
ですが、実のところ、サンシャイン池崎さんが年少の頃から、
かなり苦しい生活を送ってこられているようです。

 

サンシャイン池崎さんの実家ではタバコの葉を栽培する工場を営んでいましたが、
なんとお父さんのタバコが原因でその工場が火事で全焼してしまいます。
それがサンシャイン池崎さんがまだ幼稚園児のころ。
それでも何とか機材などを再導入し、復活の兆しが見えていたころに
お父さんが同じ理由で2度目の火事を起こしてしまいます・・・。
サンシャイン池崎さんからすれば不運としかいいようがありません。

 

その後両親は池崎組という会社を立ち上げ、大工を営んでいましたが、
サンシャイン池崎さん含めかなりの貧乏生活を強いられることになりました。
現在ではその会社も倒産してしまい、ご両親は隠居生活を送ってられるとのことです。
こんな状態で、サンシャイン池崎さんを大学に入学させ、
卒業まで子育てをやり遂げたご両親、特にお母さんには頭が上がりませんね。

 

サンシャイン池崎さん自身も大学へ入学してからは
自身の学費を稼ぐためにアルバイト三昧だったそうです。
居酒屋の店員やポスティング、キャバクラのボーイなどから、
最近では生命保険の営業のアルバイトもされていたそうです。
生命保険のアルバイトでは営業実績が優秀で、
会社から表彰されボーナスをもらうほどになっていました。
最終的には月に80万円も稼ぐようになるほど優秀だったそうです。
それだけ両親に負担をかけまいと必死だったことがわかりますね。

サンシャイン池崎さんの実家

Sponsored Link

サンシャイン池崎_実家

サンシャイン池崎_実家_2

年少のころから貧乏な生活を送ってこられたサンシャイン池崎さん。
その実家がたびたびバラエティ番組でピックアップされてそのたびに話題になっています。

 

実家は鹿児島県にあるそうで、
先ほど紹介したご両親の元会社・池崎組の敷地内に実家を構えているそうです。
ただ、この実家というのが老朽化がひどくすすんでおり、
傍目から見たら人が住んでいるとはとても思えないようなたたずまいとなっています。
今ではサンシャイン池崎さんがブレイクしてからは地元の観光スポットとなっているそうですが。

 

壁は薄く少し押しただけで揺らいでしまうほど頼りない状態、
電気・水道一応通っているらしいですが、お風呂はありません。
トイレも故障中らしいのでご両親はなんと”そこら辺で済ます”とのこと。
・・・まぁ、公衆トイレとか探せばあるとは思いますが、なんとたくましいことでしょう。

 

そんな状態ですから、番組として取り上げても
視聴者からは心配の声が多くあがるほどです。
番組が用意した専門家も「崩壊がすでに終盤に来ている。実物を見るとさすがに笑えない。」と
その危険性を指摘されていました。
九州と言えば台風も多い地域ですから、ご両親の身に何かある前に対策を打ってほしいものです。

サンシャイン池崎さんと両親の家族愛

サンシャイン池崎_家族

同期芸人であるハライチさんやフォーリンラブのバービーさんに比べると
ブレイクするまでにかなりの時間がかかったサンシャイン池崎さん。
ブレイクしてからは両親が心配なのか、お給料を実家へ仕送りしています。

 

ですが、実家のお母さんはその仕送りを全て貯金しているとのこと。
この先芸能界で売れ続ける保証がないため、
息子のことを案じて仕送りには手をつけていないのだとか。

 

ご両親自身の稼ぎで十分やっていけるし、今の住まいに不満もないとのこと。
崩壊寸前の家でありながら、不満がないと仰るあたり
懐がなんと大きい方でしょうか。なかなかできることではありません。

子供が用意したお金は使えない。そんなもんよ、親ってのは。

お母さんが言ったこの言葉が全てのような気がします。
自身の欲求よりも息子のことを案じる家族愛を感じてしまいます。

 

ピン芸人としてブレイクしましたが、
芸能界で生き残るのはまた別のお話。ブレイクして1年で消えていく芸人さんも珍しくはありません。
ご両親に心配をかけないためにも、一発屋芸人とならずに頑張ってほしいですね。

まとめ

いかがでしたか?

芸能界でブレイクする芸人さん、ブレイクできず辞めていく芸人さん、
様々な方がいますが、その一人一人に生い立ちがあって、
苦労してきているんだなぁとしみじみと感じます。

 

テレビに出ている表面的な部分だけでなく、
今までの苦労してきた時期なども見てみると
その方をより一層応援したくなるかもしれませんね。