若手演歌歌手・大江裕さんがダウンタウンDXに登場します。
次の放送日は3月8日夜10:00から読売テレビ系列で放送されますから
皆さんお見逃しなく!ですね。

 

この大江裕さんですが、テレビに出始めたときは高校生でしたね。
番組自体は終わってしまいましたが、「さんまのSUPERからくりTV」でスポットを当てられ、
その愛くるしいキャラクターがお茶の間に受けていたのを覚えています。

 

最近はパッタリとテレビに出なくなっていたのでどうしたのかと思いましたが
今回ダウンタウンDXに出演されますから元気そうです。
今日は久々登場の大江裕さんにスポットを当てていきましょう。

からくりTVで一躍有名に!大江裕さんの生い立ちをチェック!

大江裕

プロフィール

本名:大江 裕さん(おおえ ゆたか)

生年月日:1989年11月16日

職業:演歌歌手

出身:大阪府岸和田市

身長:175cm

趣味:将棋

所属事務所:北島音楽事務所

 

さんまのSUPERからくりTVで人気だったコーナー「替え歌選手権」に出場すると、
爆笑をかっさらっていった大江裕でしたが、
演歌好きでその歌唱力もすごかったので、
あの北島三郎が代表の北島音楽事務所に弟子入りすることになります。

 

それから2年ほど経って「のろま大将」という曲で
晴れて演歌歌手としてデビューすることになります。

 

この生い立ちを考えると、ものすごく特殊だなぁと思います。
高校を中退して自身が好きな演歌の世界に弟子入りをする、その行動力が
凄まじいなぁと思ってしまいますね。
(からくりTVの後押しがあったかもしれませんが)

 

演歌歌手でデビューする前は、その愛くるしいキャラで
からくりTVの1コーナーで特集されるほどお茶の間に受けていましたね。
一番印象に残っているのは、
地元のお祭・岸和田だんじり祭に参加する大江さんの取材だったのですが、
なんと参加したのはお祭りのメインである男手の方で参加するのではなく
その男手たちを支える女性側の方で参加していたときの放送です(笑)
そっちかいっ!!
と爆笑しながらテレビを見てたのを覚えています。
昔からナイスなキャラクターだったのは間違いありません。

パニック障害を患っていた!?テレビに出ていなかったのはこれが理由?

Sponsored Link

とてもナイスなキャラクターな大江さんなんですが
デビューから間もなくして、パニック障害を患ってしまいました。

 

どちらかというと、引っ込み思案だった大江さんが
いきなりテレビでスポットを当てられ、演歌歌手にデビューするという
普通ではない環境の中でストレスが溜まってしまったのでしょう。

 

約1年半くらい療養に専念することになり、
演歌歌手としての活動もお休みしていた大江さんですが、
北島音楽事務所には在籍していて、北島三郎さんの付き人や事務所のお手伝い等で
徐々にリハビリを重ねていきました。
北島三郎さんも、ゆっくりと気長に治療すればいい、と優しい言葉をかけながら
大江さんを見守っていたそうです。やっぱり業界のトップだけあって器が大きいですね。

 

そして現在では治療の甲斐もあって演歌歌手としての活動を再開し、
他にはバラエティ番組にも出演するなど、
精力的に活動されています。
パニック障害は完治が難しいとされる病気ですが
ひとまず元気そうな姿を見ることができたので良かったですね。

最近復帰し始めた大江裕さん。実はオネエかも!?

大江裕

パニック障害の治療から復帰し、バラエティ番組にも出演している大江さん。
今でこそオネエ系の芸能人の方々がたくさんいらっしゃいますが、
大江さんもその一人ではないかという声があがっています。

 

というのも、大江さんは何をするにしても”小指”が立ってしまうそうで
そこがもうオネエそのものではないか?とのこと。
昔からの礼儀正しい態度もオネエっぽいといえばオネエっぽいですね。

 

とあるイベントで大江さんとはるな愛さんが共演したときも
はるな愛さんは「200%オネエです」と言い切ったそうです。
なんでも爪の見せ方が女性らしかったからなんだとか。

 

それでも大江さん自身はオネエであることを認めておらず
「僕は男です!」と主張しています(笑)
行動と言葉が一致していませんから、
現段階ではご自身でもわからなくなっているかもしれません。

 

客観的に見ればオネエに見えるけれども、本人はそれを認めていないギャップがいいですね。
演歌歌手として活動していく上で、
一つキャラクターを持っているというのは
活躍してく上でもプラスに働いてくれるでしょう。

 

パニック障害から復帰し、バラエティ番組でも活躍している大江さんですが
くれぐれも身体を大事にしながら、ご自身のペースで
演歌歌手として活躍していってほしいものです。